日本第二の都市|時代と共に変わる技術|新築なら最新技術が家を守ってくれる

時代と共に変わる技術|新築なら最新技術が家を守ってくれる

住宅模型

日本第二の都市

住宅

人口減少による影響

大阪は日本で第二の都市です。しかし人口は減少しており、不動産の価格も都心を除いて横ばいかやや下落傾向になっています。今は低金利時代ですので、戸建て住宅を購入するには、最適な環境になっています。しかし今後も人口の減少が継続するようであれば、土地の需要が低下するため、さらに物件価格は安くなる可能性もあります。戸建てを購入するには、今後の動向などを見比べたうえで判断することが大事になります。大阪は、都心になりますので、戸建て住宅よりもオフィスが多くなっています。利便性は、低くなりますが、郊外に行けば、戸建て住宅が多くなります。しかし鉄道網などは東京都比較すると悪いことも多く、大阪よりも神戸などが人気になっているのも事実です。

価格は高めで推移

そのため大阪の戸建て住宅は、兵庫県で購入するより安い場合もあるため、多くの物件を比較して検討することが大事です。子育てや老後の住宅として購入するのであれば、利便性とともに、静かな環境がベストです。駅から徒歩10分圏内など静かな環境を選択することによって静かな暮らしをすることができます。分譲住宅などの建設は、大都市では場所の確保など少なくなる傾向にありますが、土地の再開発などを理由に新興住宅街が今後もできる可能性もあります。人口が減少していることも逆に追い風になっているのです。しかしその場合、土地の価格は比較的高い場所がセレクトされることも多いため、価格を重視して購入するのであれば、しっかり確認してから購入するとよいでしょう。